人を笑わせるにはやり方があった

人を笑わせるにはパターンがあった!?

笑いを取るにはお笑い芸人を見ればわかると思いますが、ボケと突っ込みからなります。

 

ボケを突っ込みが拾うことにより、笑いが起きるのです。

 

つっこみ一人でもボケ一人でも笑いは生まれません。

 

二人そろって笑いが初めて起こるのです。

 

では人を笑わせたい時には、自分がぼけてそれを相手に突っ込ませなければいけません。

 

ここでは人を笑わせる方法を考えていきたいと思います。

 

当然ですがいきなりボケても、相手に伝わらないし笑わせることは難しいです。

 

そこでするのがフリをつけること。

 

つまり、オチを際立たせるためにわかりやすいフリを入れるのです。

 

相手が「来るぞ来るぞ」とオチが予想できるようなフリをいれると効果的になります。

 

テレビでみるダチョウ倶楽部がよく使うギャグのようなものですね。

 

こう思わせることでボケの効果が何倍にも膨れ上がるのです。

 

フリによってオチを引き立たせなくとも笑いを取ることはできますが、誰でもつっこみやすくわかりやすいボケをするためにはこのフリは非常に重要な役割を果たすのです。
いきなりギャグを言わなければいけない場合、つまり一発芸をやらなければいけない時、そんなときは極力一発芸をやらない方向で逃げるのがいいですね。

 

というのも、一発逆は非常にハードルが高いのです。

 

芸人さんでも一発ギャグをフラれてやった場合、シーンとなることが多いのでやりたがらないイメージありますよね。

 

それだけ難しいということです。

 

なので基本的なボケて人を笑わせる方法を覚えるとどんな場面でも応用することができます。

 

このボケる方法や人が笑いのパターンを覚えて人を笑わせたいという方、下記をご覧ください。

 

 

人を笑わせるパターンを知りたい方はコチラをクリック